• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.11.07  

生まれて初めて「木材の加工」をLive実況で見ました!

先日暇だったので、親戚のハウスメーカーさんの作業場に遊びに行ってきました。

 

宮崎建設の代表者

 

熊本県の宇土市にある宮崎建設さんです。良質な木材を手刻みで一本一本加工する工法を得意とされている会社さんです。「職人の中の職人」って感じですね。

 

 

遊びに行かせて頂いた時にちょうど木材の加工をされていました。私も長年、不動産業に携わっていますが、このような職人さんの作業を見させて頂く機会はほとんどありません。ほとんどというか0だと思います。見学しながら色々と教えていただきました。

 

木材を運び込んでいる

 

 

 

購入後の木材

 

木材ってこのような状態のものを購入するそうです。存在感がハンパありません。「木、木、キ!!!」って感じです。

 

 

「住宅を作るには多すぎるんじゃないか?」というくらい大量の木材があったので「これで住宅何棟分?」と聞いたところ、「これ全部、海苔の資材置き場用倉庫を作るためのやつ」という回答でした。倉庫と言えば鉄骨というイメージですが、木造でも作るみたいです。

 

 

少し話が外れますが、熊本県宇土市は有明海に面しており海苔の養殖が盛んです。有明海産海苔ですね。コンビニのオニギリに「有明海産海苔使用」と書いてあることが多いと思います。日本で一番有名な海苔のブランドってイメージでしょうか。

 

 

その有明海産海苔の生産者さんの資材置き場を建設するための木材でした。大体50坪くらいの倉庫だそうです。儲かりすぎた為の税金対策かもしれません。ここ数年、海苔の価格が高騰しているので、生産者の皆様には相当な利益が舞い降りているはず!

 

 

お約束として1本の木材を持ち上げようとしましたが、重すぎてまずムリ。1本が7mあるらしく、持ち上げるどころか下敷きになります。永眠する可能性があったので諦めました。

 

 

普通の笑いを取りにいってしまった自分が残念でなりません。しかも誰も笑ってなかったし。。。

 

 

ちなみこの日は木材は2種類、「ヒノキ」と「スギ」がありました。「ヒノキ」の方が多少お高いそうです。

一般的な木造住宅って、土台がヒノキ、それ以外がスギを使用していることが多いとの事です。私は重度の花粉症なのでスギと聞くだけで心がざわつきましたが。。。

 

 

下の画像を見て頂くと、木材に加工が施されている事が分かると思います。

 

継手加工された木材

 

この加工部分に別の加工された木税を繋ぎ合わせるそうです。木と木をはめ込んでいく、というイメージです。この繋ぎ合わせている部分、耐久力が落ちるので木造では最大の弱点となってしまいます。一番神経を使う部分って事ですね。

 

「木造在来工法(木造軸組工法)」と呼ばれている日本古来から伝わる技術です。

 

木造軸組工法とは、建築構造の木構造の構法のひとつである。日本で古くから発達してきた伝統工法(でんとうこうほう)を簡略化・発展させた工法で構法で、在来工法(ざいらいこうほう)とも呼ばれている。

参照:Wikipedia「木造軸組工法

 

この木造在来工法の原型は「竪穴式住居」だそうです。懐かしい。その時代からの構法が今に受け継がれているという事を考えると、伝統の継承というものはとても重いものであると感じます。確かに機械化したほうが効率化が図れますが、「あの人にしかできない技術」って理由なんか必要ないくらいカッコイイですよね。機械の進歩による技術も必要、人から人へ伝わる技術も必要、両者は共存すべきです。

 

 

今後も宮崎建設の方々がこの技術を絶え間なく継承していくことを願っています。

 

 

私の不動産業の経歴は不動産デベロッパー及び不動産ファンドのアセットマネージャーなので、どちらかと言えば現場からは遠い仕事をしていました。工事の発注主をして、現場に支持を出す・現場からの報告を受ける立場でした。

 

 

正直なところ「お金を稼ぐ」という観点のみから考えると、現場の事を知る必要はありませんでした。自分の分からないことは予算の許す範囲内で専門の方にお願いをすれば良いのです。自分で理解する必要はありませんでした。

 

 

ただし、このように様々な記事を書き読んでくださる皆様に1つでも新たな発見をしてもらおうと思うと、勉強せずにはいられません。勉強をしていない中途半端な記事では、読んでくださる皆様の時間を無駄にするだけですから。

 

 

今後も時間が許す限り、色々な現場に足を運んで勉強をして記事にしていきたいと思います。

 

 

本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

宮崎建設

〒869-0461

住所:熊本県宇土市網津町2205

TEL:0964-25-0172

HP:http://miyazaki-kensetsu.biz/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加