• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.05.29  

ネット通販でバンバン売れる天草の魚たち!

天草の魚はめっちゃ売れる!

熊本に天草という地域があります。

歴史上にも登場する”天草四郎時貞”の生まれ故郷であるという説もありますが(現在の熊本県上天草市)、定かでは無いようです。上天草市には天草四郎ミュージアム(※旧天草四郎メモリアルホール)という記念館もあります。

私の天草の対するイメージを一言でいうと、””です。天草に行けばとにかく新鮮な魚が手に入ります。釣りをするにも絶好の場所だそうです。熊本市内から天草に向かうには基本的に1つの道しかありません。なので、夏場のシーズン中にはその道は激込みします。一度夏場に遊びに行きましたが、目的地に着くまでがタイヘンでした。まぁGW中の東名高速道路ほどではありませんけど。。。

天草のキレイな海 天草の海の岩場

そんな天草で鮮魚店を営んでいる友人が会社まで遊びに来てくれました。”マルケイ鮮魚”さんという鮮魚店さんなのですが、色々なお土産を持って来てくれました。

マルケイ鮮魚さんからのお土産たち

ヤバくないっすか、このお土産たち。さわらの西京焼き南蛮漬け車エビアワビ(※貝殻付き)。特に西京焼き、私の好きな食べ物ランキングのTOP5には確実に入ってきます。味噌の具合が浅すぎず深すぎずが私の中でのベストセレクトです。友人は11時に遊びに来てくれたんですが、もう今日は終業して家でビール飲みながら西京焼きを食べようと思いました。心の底から。ちなみにこの頂いた西京焼き、超大手百貨店さんにも納品している商品との事です。”天草でも美味しいと有名な友人の鮮魚店””天草の魚”””

”天草でも美味しいと有名な友人の鮮魚店”

”原料の魚は天草産”

”超大手百貨店も認めた味”

このトリプルコンボが成立している西京焼き、ホンモノちゅうのホンモノ。日本中のどこに疑う人が居るのでしょうか。もしいたら呼んできてください。説教しますから。。。「日本の政治家とこの西京焼き、どっちが信用できると思ってるんだ!!!」ってな感じで。

お土産で頂いた商品は天草の魚の加工品でしたが、実はこの前までは、天草で取れた鮮魚のセットをamazonで販売していたらしいです。なぜ”この前まで”なのかと言えば、

売れすぎて出荷が困難になり泣く泣く販売停止にした

ちなみにこんな感じのセットを¥3,980で販売していたそうです。

鮮魚セット① 鮮魚セット② 鮮魚セット③

これだけ入ってこのお値段なら、そりゃ売れますわ。間違いなく”お値段以上、○○”です「だいぶ儲かったでしょ!?」と聞いたところ「全く儲からないっす。値段設定間違えたかもしれません…」って言ってました。マルケイ鮮魚さん、だいぶ薄利で販売をしていたようです。天草の新鮮な魚を色々な人に食べてもらいたいと思い始めたそうですが、利益には直結しなかったみたいです。しかし、仕組みを色々と整えた上でまた鮮魚セットを販売したいと言っていました。私からもぜひ再販売をお願いしたい。一回買ってみたいな~


ネット通販が発達していない時代には、小売業においては立地こそが全てでした。立地が良ければ何とかなりました。もちろん、それでもダメなお店もあります。しかし、失敗するよりも成功する確率の方が高いです。どうせやるんだったら成功する確立の高い立地で商売したいですよね。

しかし、ネット通販が発達した現在では、小売業にとっての立地の重要性は薄れてきています。そもそもamazonは店舗を持っていないですからね。倉庫しか持っていません。それでもバンバン商品が売れるのです。配達がそれを可能にしています。まぁヤマト運輸さんとamazonさんの間では色々とあったようですが。。。

今までは食品メーカーさんが商品を売るためには、スーパーや百貨店さんに商品を納めることが一番効率的でした。大手のスーパーさんになると大規模な物流施設を持っている(若しくは物流業務を他社に委託している)事が多いので、そこに一括納品をすれば良いのです。しかしその場合、納価は安くなります。つまり、食品メーカーさんの利益は少なくなってしまうのです。薄利多売というやつです。

しかし、今後はネットを通じて「食品メーカー⇒個人」という商流がますます活性化するでしょう。確かに手間はかかりますが、利益は確保できます。今まで巣スーパーに取られていた利益を取り戻せるのです。高利小売とでも言っておきましょう。

どちらが良いのかはそれぞれのメーカーごとの考え方によるのかなって思っています。薄利でも良いから効率を重視したいのか、手間がかかってもよいから高利を実現したいのか。大手のメーカーは前者であり、中小のメーカーは後者、というイメージが私の中にはあります。もちろん、消費者の立場から見れば、どちらも必要です。日々の買い物にスーパーは欠かせません。かと言ってネット通販は商品を探すのがオモシロい。良い商品をお手頃価格で発見した時の達成感はハンパじゃありません。私の中では購入よりも発見なのかもしれませんね、ネット通販の存在意義は。

賞味期限の長い食品は通販向き」とは思っていましたが、まさか鮮魚も売れるとは…。活き〆・神経〆を丁寧に行えば、鮮度を維持したまま関東にも届くそうです。全く知らなかった。。。そもそも何をしたら活き〆・神経〆になるのかも分かりません。まだまだ勉強不足っすね。後でWIkipediaで勉強します。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加