• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.09.21  

衝撃!ハウステンボスの中にある別荘が○○で販売されていた…

ハウステンボスの別荘地

ハウステンボスと言えば大抵の方がご存知かと思います。2003年には2,000億円以上の負債を解消することが出来ずに、経営破たんに追い込まれました。その後、スポンサー企業と共に再生に向けて努力を重ねてきましたが、リーマンショックにより再び経営状態が悪化。2010年3月にはスポンサー企業も手を引いてしまいました。

このような危機的な状況の中で、経営再建に向けて手を挙げたのが、澤田秀雄社長率いるH.I.S

ハウステンボスの社長に就任した澤田氏は、

金融機関と交渉し債務の8割を債務放棄させた

残債務を九州の財界から出資金で弁済

佐世保市から固定資産税納付額に相当する再生支援交付金を10年間受け取る

上記の事を実施しました。スゴイっすよね。「こんな事が可能なのか?」と思ってしまう程、最初からアクセル全開です。澤田社長のハウステンボス再生への本気度が伺えます。債務放棄及び出資を実施したおかげで、ハウステンボスの債務は全て無くなりました。金融機関としてはとてつもない痛手ですが、このまま潰れてしまうよりは再生してもらった方が「のちのちは…」という考えもあったのかもしれません。「損して得とれ」というやつですね。

このような抜本的な改革の結果、ハウステンボスはH.I.Sの傘下に入って最初の決算で営業黒字を達成しました。この営業黒字、なんと、開業以来初だったそうです。「債務放棄させておいて黒字化達成と言われても…」というご意見は当然かもしれません。しかし、開業以来ずっと赤字だったのです、ハウステンボスは。黒字化達成は1つの転換点と考えて間違いありません。


そんな絶賛絶好調中のハウステンボスの中に別荘地エリアがあるのをご存知でしょうか。私もハウステンボスには片手で数えるくらいしか行ったことはないのですが、とてもキレイな場所です。緑は多いわ海は近いわで、夏に来たら最高でしょう。

ハウステンボス内の別荘地

参照元: WASSENAAR

日本ですよ、ここ。オランダじゃないですよ。長崎ですよ。佐世保ですよ。分譲開始当時の平均売出価格は1億円超。最高売出価格を調べてみましたが、残念ながら分かりませんでした。3億円くらいの物件もあったんじゃないですかね。バブル期の真っ只中に売り出されたみたいなんで。

別荘として利用している人が多い中、定住している方も結構な割合でいらっしゃるようです。立地や周辺の施設を考慮すると、定住には「?」となってしまいます。「通勤はどうするのか?」「日々の買い物はどこでするのか?」などなど。まぁ余計な心配かもしれません。ここに住んでいる方は、十中八九お金持ちですから。買い物はヘリコプタークルーザーで行くのでしょう。若しくは、amazonをフル活用するかですね。

そんな高級リゾート地であるハウステンボス内の別荘が、なんと”suumo”に掲載されていました。しかも、中古マンションとして。

suumoでハウステンボスの中古マンションが販売

いやー、衝撃でした。suumoさんの物件掲載力の凄まじさをまじまじと見せつけられました。まさか、ハウステンボス内の別荘まで掲載しているとは。しかも、

2LDKの中古マンション(専有面積76.91㎡)⇒2,380万円

非常に現実的な価格です。こう言っては何ですが「普通」です。中古住宅ではなく中古マンションだからかもしれませんが、もっと5,000万円とか7,000万円とかの数字を期待していたのですが。。。まぁ消費者としては安いに越したことはないのですが。あの別荘地は高くあって欲しかった、というのが私の思いです。

恐らく戸建て住宅の方は高いのでしょう。私の期待に応えてくれると思います。が、敢えて調べることはしないでおきましょう。なぜなら、今度家族でハウステンボスに遊びに行くからです。ヘンな事前情報は持たずに遊びに行った方が心の底から楽しめます。「○○万円の住宅が並んでるな~」と思いながらでは、楽しさ半減です。「いつかここの別荘を買ってやる!」という強い思いを持ち続けたいのです、私は。

高額なお金を出して別荘を買うよりも、たまに遊びに行く方が私には合っているような気もしますが。。。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加