• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.12.13  

業者はなぜ新築ワンルーム投資を勧めてくるのか?

ワンルームマンションへの投資

ワンルーム投資には下記のようなメリットがあると言われています。

 

少額の自己資金で始められる

管理が簡単

 入居率が高い

将来の年金代わり

節税

 

これらの言葉を目にするたびに「うーん…」となります。どれもこれも取って付けたような理由にしか思えません。確かにパッと見は「確かにそうかも」と思えるのですが、よくよく考えるとワンルーム販売業者の「売り文句」であるという事に気付きます。当然と言えば当然です。営業たるもの自社の商品をいかに良く見せるかが腕の見せ所です。車でも食品でも同様です。売るための美辞麗句を並べなければいけません。もちろん本当に良い商品もあります。

 

 

しかし、「本当に良い商品というものは営業をする必要がない」という事をご存知でしょうか。なぜなら「勝手に売れる」からです。これ、本当なんです。チョロっと広告を出すだけで売れます。どんな商品でも構いません。「なかなか売れない」商品には売れない理由が存在します。そこを改善して放っておいても売れる商品が作れたら人生勝ち組です。

 

 

ワンルーム投資でもそうです。売れるワンルームマンションは放っておいても売れるでしょう。こちらから電話をする必要はありません。お客さんから問い合わせが来るはずです。ということは、電話営業で紹介されたワンルームマンションは基本的に「売れない」ワンルームなのです。営業して売らないといけない商品です。なので頻繁にご自宅に「ワンルームマンション買いませんか?」の電話がかかってくるのです。

 

 

そしてこのワンルーム投資、販売業者から見れば非常に都合の良い商品です。都合の良いというと失礼かもしれませんが、お客さんに紹介しやすい上に、ガツンとお金を稼げる商品なのです。下記で詳しく見ていきましょう。

目次

1.少額で購入できるので購買能力のある層が多い

新築ワンルームマンションの売り文句は「頭金0」。担保価値のある新築物件なので、フルローンで購入できることも多いです。また、そもそもの投資額が他の不動産投資を比べると少額です。ここが業者にとってとても重要なポイントなのです。

 

 

マンション投資やアパート投資と比べると投資額が少額なので、そもそも購入可能な層が多いのです。つまり「お客さんとなり得る人」がたくさんいるのです。例えば、1棟マンションの場合には数億円という投資額になってしまいますので、購入できる層が限られる。しかし、ワンルームマンション投資ならその何百倍もの見込み客がいます。

 

 

より広いすそ野を狙ったビジネスモデルと言えるでしょう。優秀な戦略です。このようなパイが広い場合には「数うちゃ当たる」方式も有効に機能します。「ワンルームマンションに投資しませんか?」の電話がよい例です。ワンルーム自体が業者にとって都合がいいのではありません。投資額が少額であるということが業者にとって好都合なのです。

2.1部屋売れば売却価格の10%以上は業者の利益

1部屋売るごとに10{9b6a60116f1ce4138cb916d038a564d83dd1a941c3c2e5ff8f9a4f78ff99e0c8}以上の利益を得られます。2,000万円であれば利益は200万円以上。一説によると、従業員に怒涛の電話営業をさせ年間2部屋売ってもらえれば従業員の給料を含めて会社としてトントンになるそうです。1人の従業員につき3部屋以上売ってくれたら会社の利益がドンドン増加。ぼろ儲けです。

 

 

1棟マンションや1棟アパートと比べると少額という点にだけ目が移り、ワンルームの販売業者にどれだけの利益が出ているのかまでは考えない事が多いですよね。業者の利益がたっぷりたっぷり含まれていても他の不動産投資に比べると少額、という点が肝です。「他の不動産投資と比べて少額から始められますよ!」というセールストークは成り立ちます。

 

 

実に巧妙です。

3.不動産投資の勉強としてワンルーム投資を考えている人が多い

まずは不動産投資の勉強をしたいので多少の損は許容範囲、と考えている人が結構いらっしゃるみたいです。業者から見たら罠に引っかかった獲物のようなものです。「どうしても不動産投資をしたいが勉強不足」と思っているほど騙されやすい人はいません。

 

 

ワンルーム投資においては、その投資しているワンルームが空室になったら収入0です。収入が0という事は費用が発生した場合には収支はマイナスになります。ワンルーム投資においては管理費修繕積立金の支払いはもちろんの事、ローンを引いている場合にはその返済も必要になります。原状回復費賃貸募集の費用も必要です。固定資産税都市計画税も支払わなければいけません。

 

 

どうでしょう。上記の事を考慮すれば不動産投資の勉強という軽い気持ちでワンルーム投資をすることが出来なくなりませんか。失敗したら数万円の損失では済みません。数十万円で済めばいい方です。数百万円は覚悟しておく必要があります。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

 

いつの時代にも「ワンルーム、買いませんか?」の電話がかかってくるのは、「儲かるし売りやすい」からです。「不動産投資を始めたいならワンルーム投資から!」という文言をインターネット上でよく拝見します。「少額だし失敗しても良いかな」くらいで思っている方がワンルーム販売業者の上顧客になる方々です。決して否定はしませんが、十分に検討された上で投資されるかどうかを決めてください。

 

 

失敗したら少額では済みませんので。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。


  目次に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加