• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.09.15   2018.04.06

賃貸物件の探し方で後悔しない為のコツを教えます

賃貸物件

希望エリアにある希望賃料のマンションを探す

不動産会社と一緒に内覧する

内装ピカピカ、間取良し、キッチン&トイレ&バスルーム清潔

即契約

 

ちょっと待ってください。これ、失敗するやつです。

ホテルやマンスリーマンションじゃないんだからもっとちゃんとチェックしましょう。

後で後悔しても知りませんよ。

 

 

「人生には失敗はつきもの。失敗を受け入れてこその人生だ!」というポリシーをお持ちの方はここまでにしておいてください。

 

失敗したくないという方だけに今から賃貸物件の探し方のコツをお教えします。簡単ですので誰にでも実践できますよ。

最重要

①日当たりチェック

建物周辺に日当たりを遮りそうな建物がないか、又近々に建つ予定もないか確認しましょう。

部屋の窓から見渡せば大体わかります。

②ビー玉チェック

ビー玉を転がして建物に傾きが無いか調べましょう。

不動産屋さんに嫌な顔をされても無視しましょう。

③キズ&シミチェック

キズやシミがある場合、入居前にキレイにしてもらいましょう。

キレイにしてもらえない場合には原状回復の対象から除外する必要があるので、写真をバチバチ撮っておきましょう。

 

参考:これで安心!退去時の原状回復費を安く抑える方法

④寸法チェック

玄関や個々の部屋の入口の広さをメジャーで図りましょう。

そして搬入予定の家具家電のサイズも図っておきましょう。

引っ越しの際に「家具が入らない…」っていうこと、結構多いんです。

⑤防音&騒音チェック

部屋の壁が薄いかどうかチェックしましょう。

壁を強めにノックし(不動産屋さんに怒られない程度に)軽い音がする場合には壁は薄いです。壁が薄いと隣人の声や物音、さらには外の騒音に悩まされる可能性が高いです。

木造の場合は壁が薄い場合が多く、鉄筋コンクリート造の場合は壁がしっかりしている場合が多いのです。

⑥水廻りチェック

シャワーの水圧、浴室のカビ、キッチンやトイレの匂いなどをチェックしましょう。

重要なので注意

重要

⑦インターネット環境チェック

インターネットの利用環境をチェックしましょう。

工事せずに利用できる物件もあれば、面倒な手続きが必要な物件もありますのでご注意ください。

⑧収納スペースチェック

収納スペースが足りない場合、気付いたら部屋の隅が収納スペースになっている!?なんてこともあります。

最近の物件は比較的収納スペースを広くとっていますが、「私、洋服の多さには自信があります」という人はしっかりと調べておいてください。

⑨ゴミ置き場チェック

24時間365日利用可能がベストです。

またゴミ置き場がキレイに管理されている場合には、建物自体もしっかり管理されている可能性が高いです。

念のため

⑩隣人チェック

本来であれば、上下左右の住人がどのような人であるかは非常に重要なチェックポイントです。

ですが、調べるのは難しい…。

不動産屋さんに聞いても「個人情報は…」と濁されてしまう事がほとんどでしょう。自分で調べるにしても怪しまれるようなことはしないでください。この点に関しては入居後の「神頼み」的な要素があります。

⑪買い物チェック

徒歩圏内にスーパーやコンビニがあると便利です。

かと言ってマンションの1階にコンビニがある場合には騒音が心配です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

こうしてみると、賃貸物件情報のサイトでは分からないことの方が多いですね。

 

不動産は売買でも賃貸でも実際の不動産を見なければ本当の情報は何も分かりません。

内見は情報の宝庫ですので、納得のいくまで不動産屋さんを連れまわしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加